競馬のワイド馬券は玄人も活用する
勝率アップの秘密兵器

TOP
ワイド,勝率,馬券

ワイドとは

ワイドとは、選んだ馬の2頭が1着~3着に入っていれば的中となる馬券となります。
馬連が1着2着を的中させるのに対して、ワイドであれば1着2着、1着3着、2着3着でも的中となるので的中率はあがりますが、その分配当は低くなっています。
どれくらい配当が低くなるのかの目安としては、馬連の3分の1と思ってもらえればと思います。
ただ、ワイドの大きな特徴としては、上記の様に的中が1着2着、1着3着、2着3着と3通り存在する事です。
3頭の有力馬がいた場合には3頭が全て3着以内にくれば3通りの的中全てを得られ、もし1頭が3着以内に来なくても全てが的中しないという事にはならないという、1つの式別でおさえも兼ねた買い方も出来るのが特徴と言えます。

ワイド,勝率,馬券

ワイドのメリットとデメリット

ワイド馬券のメリットは2頭が1着~3着までに入れば良いので的中率が高くなる事になります。
また、的中が3通りあり、その全てを的中させるトリプル的中を取れば配当も結果としては良くなります。
デメリットとしてもやはり的中率が高い事で配当的には低くなってしまう事であり、保険を備えた三連復としての立ち位置となっている部分もあり人気的にはそれほど高くない式別となっています。
ただし、有力馬2頭に自信がある場合でも、馬連よりワイドで確実に取りに行くといった手堅い買い方としては十分に魅力のある式別でもあるので、使い方次第ではデメリットをメリットに変える事も可能な式別でもあります。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

ワイドの魅力

ワイド馬券は発売当初は注目されていましたが、今現在は下火と言わざるを得ないという状況です。
それは、多くの式別の中間というポジションである為、ワイドでのトリプル的中を狙うのであれば三連復でもっと高配当を狙った方がいい、2頭で純粋に狙うのであれば馬連でもっと高配当を狙った方がいい、1着~3着にくる馬を2頭選ぶより複勝で堅い馬を1頭選んだ方が的中率が高いといった具合に悪く言えば中途半端な式別と感じてしまう部分があります。
しかし、ワイドは中間だからこそ安定した収支を狙える式別という事も忘れてはいけません。
複勝よりも配当が良く、馬連や三連復よりも的中率が高いのです。
複勝は配当金が低いから勝つのが難しいという意見もありますが、だったらワイドを使えばいいわけです。ある程度予想が固まるレースであればワイドでトリプル的中も珍しくはなくなりますし、1頭がこなくても的中になるという大きなメリットがあります。
三連復の方が良いという意見もありますが、三連復は思っている以上に意外と的中しない式別で、で1頭がこないという事は非常に多いわけで、そこをカバー出来るのはワイドです。
高配当も的中しなければ意味がないわけですから、自信があれば馬連や三連復、そうでなければワイドを使う事で利益も大きく変わってきます。
高配当は確かに魅力的ですが、その影に隠れた安定した的中をとっていく事で結果的な収益の差が大きく変わってくる事になります。
おさえ等の使い方によってはとても効果的な式別なので、一度意識を変えて是非一度試してみてほしい式別でもあります。

競馬新聞

『ワイド』買い目点数早見表

ワイド,点数,早見表

ボックスでは選択する頭数、流しは相手となる馬の頭数での記載となります。

G1

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道