競馬の馬単は
破壊力もある万能馬券|買い方と活用法

TOP
馬単,万馬券,高配当

馬単とは

馬単とは、購入した2頭の馬を着順通りに的中させる式別となります。
1着にくる馬、2着にくる馬を指定して馬券を買う買い方となる為、馬連をより高度にした馬券と言えます。馬連の場合は1着、2着が順不同で良いのに対し、馬連の場合は指定して購入しなければならないので1着、2着を決めて購入する事になります。
その分配当も大きくなり、1着を固定して流すといった買い方が出来るのが特徴となります。

馬単,万馬券,高配当

馬単のメリットとデメリット

馬単馬券のメリットは軸を決めて購入する事で万馬券等の高配当を狙える事と、三連復や三連単に比べると1着、2着を狙う分、予想としての難易度はそこまで高くはならない事が挙げられます。
軸を決めて流す事でヒモ荒れした時には万馬券まで狙える事もメリットとなるでしょう。
デメリットとしては1着、2着の予想が逆になった時にいわゆる「裏目」を引いてしまう可能性もある事で、馬連ではとれていた馬券も馬単ではとれない事もあるという事です。
それをカバーする為には「裏目」も買う必要がある為、購入点数も増えてしまう事もありますので、予想としては良い感じでも、買い方によっては的中率が大きく変わってしまう式別となっています。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

馬単の魅力

馬単馬券の魅力は的中率の高さをある程度維持しながら高配当を狙えるという事となります。
同じ様に1着2着を的中させる馬連もありますが、1着2着を固定する事で買い目は増える分、配当も高くなります。またマルチも使えるので裏目をおさえる事も出来るので馬連の様な幅広い買い目を作る事も可能です。ただし買い目も増える事にはなるのでマルチも使い所は考えなければなりません。
馬単で勝つ為に有効となるのはまず軸を決めて相手に流す「流し」でしょう。
軸を1頭に決めて流せば相手が穴馬だった時に大きな配当を得る事が出来る事に加えて、マルチにした際に1着に穴馬が来た時には配当は更に上がります。
馬連ではどうしても人気馬が来た時には配当に物足りなさがあり、そこを解消したいのであれば馬単を選択するというのは一つの解消法となります。
また馬単のボックスも、うまく穴馬を絡めれば点数が増えはしますが高配当までカバーする事も出来ます。
もちろん有力馬を絞れていれば少数点数で勝負するのも良いですし、マルチで点数が増えてもそこまで点数が絞れていれば問題ない部分もありますしフォーメーションも使えるので点数や配当を見ながら色々な組み合わせを選択出来るのも魅力です。
買い方が色々ある分初心者は最初は戸惑うかもしれませんが、狙った買い目を細かく作れるのでベテランの方も多く利用している式別となっています。

競馬新聞

『馬単』買い目点数早見表

馬単,点数,早見表

ボックスでは選択する頭数、流しは相手となる馬の頭数での記載となります。
()の中はマルチにした場合の組み合わせ点数となります。

G1

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道