競馬の3連復を上手に利用すれば
小数点数で高配当も夢じゃない!

TOP
競馬,三連複,高配当

三連復とは

三連復とは購入した馬が1着~3着に全てはいる事で的中となる馬券です。
馬連が1着、2着を的中させるのに対して、三連復は1着~3着を的中させるという事で馬連をより難しくし、配当もその分大きくなったものと言えば分かりやすいでしょうか。
馬連と同じで着順は順不同で良く、買い目の点数はある程度は抑える事が出来るので手を出しやすい式別でもあります。
倍率も高くなり万馬券も比較的出やすい式別となっていますが、人気上位の馬で決着した場合にはそれほど配当がつかない事もありますし、3着までを的中となると簡単な様で、その実なかなか的中しないというのもあります。

ワイド,勝率,馬券

三連復のメリットとデメリット

三連復のメリットとしては少数頭数で組めば購入点数が若干少なめに抑えられる上に配当金も高くなりやすいという点があります。
三連復での万馬券は比較的多く出ているので三連復をメインに使っているベテランの方も多いです。
デメリットとしては、例えば三連復をボックス7頭で買えば35点、8頭で買っても56点ですが、それでもなかなか的中しないという事もあり、だからこその高配当馬券となっています。
また、三連復は人気上位で決まってしまった場合、配当が低くなりやすいという側面を持っているので、購入点数が多い場合はトリガミ(購入金額よりも払戻金が下回り、的中しても損益となる事)となってしまう事も多々あります。
馬単や三連単の場合は人気上位の馬よりも人気下位の馬が着順が上になった場合に配当が跳ね上がりますが、その跳ね上がりがないのが三連復で、購入点数を少なくして広く馬券を買える事で的中率を上げる事が可能ではありますが、人気下位の穴馬をある程度狙っていくか、人気上位だけで点数を絞っていく必要がある、実は難しい式別でもあります。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

三連復の魅力

三連復の魅力は三連単よりも少ない点数で高額配当までとれる事になるでしょう。
三連復は万馬券もコンスタントに出ている式別で、広く馬を選んで買うことが出来るので三連単よりも安定しているといえます。
ただし、三連復で広くカバーしてもなかなか的中しないのが三連系なので、ある程度予想が固まったレースで、その上で軸馬となる馬が不在の時等には効果的な買い方となります。
やはり競馬の醍醐味は万馬券という声も根強いですし、万馬券は人が狙っていない馬を的中させるという面白みもあり、そういう意味で、三連復は穴馬を取れれば万馬券となりやすいので面白みのある馬券でもあります。
また、三連復をメインに使わず、馬単、馬連で小数点数で予想をして、その馬を絡めた少数の三連復を購入しているベテランの方もいますし、ハマれば大きいので、そういう使い方も良いのではないかと思います。
そして忘れてはいけないのが、三連復には軸1頭流し、軸2頭流しもあるという事です。
軸が1頭決まっているのであれば三連復の軸1頭流し、軸が2頭なら軸2頭流しというのがあり、軸馬が3着までに来なければ不的中とはなりますが、軸に自信があるのであれば買い目の点数を大きく減らす事も可能ですし、馬単等で軸を決めて購入したのであれば、その延長線上として三連復まで幅を広げる事も簡単に出来てしまいます。
軸が決まれば相手を増やす事も出来ますし、慣れてくればフォーメーションも使えますので、一般的な印象よりも実は幅の広い馬券であると言えるのではないでしょうか。

競馬新聞

『三連復』買い目点数早見表

三連復,点数,早見表

ボックスでは選択する頭数、流しは相手となる馬の頭数での記載となります。

G1

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道