競馬の結果は次の予想の為の一つのデータである

TOP
競馬,結果,データ

競馬の予想について

競馬の予想は点で行うよりも、線で行う方がより精度はあがっていきます。
もちろん、単発で予想をして的中する事はありますが、長い目で結果を追っていけば、より競馬の予想を重ねていく方が的中率はあがっていきやすい傾向にあります。
ただ、それは前提として考えて予想をしていった結果であり、ただやみくもに予想を続けていっても的中する確率や回収金額が上がっていくわけではありません。
競馬はただ一度だけの出走で終わるわけではなく、引退するまで次のレース、またその次のレースと続いていくものであり、そして引退後には種牡馬、繁殖牝馬となってその子供がまたレースに帰ってくるわけです。
その中で、この馬はこの競馬場のこの距離なら走る、そういう独特の感覚というものが芽生えて、人気がない馬でも思い切って買える事となり、配当の良い馬券を当てる事が出来たりもするわけです。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

競馬の結果を予想に活かす方法

ずっと長く競馬をやっている人に、結果での知識で追いつく事は至難の技となりますが、だからといって最近始めた方が打つ手がないわけではありません。
それこそ今の時代、色々な媒体で過去のレース結果やレース映像を見る事も出来る様になっています。
そして、今現在のレースを見ておく事で、1ヶ月後には活かす機会も出てきます。
負けても印象に残った馬、オッズで人気のあった馬等に注目しておけば、次のレースで参考になります。
特に人気があったにも関わらず負けた馬の場合、何かしらの原因があった場合もあり、その問題が解消されている状況であるならば好走する可能性は十分にあります。
負けが続いても、急に勝ちだす事もあり、その勝ち始めの時には馬券的に美味しい配当になったりもするわけです。
多くの場合、オッズはその馬の能力と素質、そして前走や前々走の成績等で大きくは判断されます。
しかし素質はありながらも、素質を開花させれていない馬もいます。
最近ではモーリス、ゴールドアクター等、古馬になっても年の始めでは条件戦で戦っていた様な馬が、急に素質を開花させて勝ち上がるという事があるわけです。
そういった馬をどういう風に狙っていくか、どのタイミングで狙うかは予想次第ではありますが、活かせる時には活かしていく事も馬券上手になる為のコツにもなり得ます。

レースで印象に残ったら覚えておく事

ある程度素質のある馬は、そこまで人気を落とすという事はあまりありません。
ただ、そこまで注目されていなくても、そこそこに馬券に絡む様な馬もいます。
そういう馬は常にマークして覚えておく事、時には人気が無くても軸の相手にしておく事で的中する事は良くあります。
自分の中で印象に残るというのはとても大事で、自分の感性を持つ事で、人気に左右されずに馬券を買える事になり、人気に左右されない事が、配当の良い馬券を手にする近道でもあるので、そんな感性を持ち続ける事で、もっと幅広い、一歩上の馬券を選択出来る様になるはずです。

競馬新聞
G1

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道