競馬開催日までに予想を組み立てておく事で的中精度は大きく変わる

TOP
競馬,開催日,予想

競馬における調教

調教師は、レースに向けて馬を仕上げていきますが、その狙いは様々です。
どういう風に様々になっているかというと、叩き台なのか、それとも勝ちにきているレースなのかというのがまず第一の焦点になります。
例を上げると、賞金順で出走登録のレースがあり、賞金が十分であれば、その目標に向けて仕上げる事となり、その前のレースではレース感触を馬に覚えさせる、もしくは取り戻させるといった意味合いも含まれていたりするわけです。
それでも実力が上位であれば勝つこともありますが、調教というのは馬を極限の状態までもっていく事が最高の状態であり、その状態というのは長く維持する事は難しい事となるので、その前のレースでは100%の状態ではないという事になるわけです。
ですから、その前の目標であったレースぶりを期待するのはリスクを伴うという事になり、逆に、賞金不足で賞金の上積みをしたい馬にとっては、もっと良い状態に仕上げている可能性が高いという事になります。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

馬の見極め方

色々な情報、コメントというのが色々な媒体で確認する事が出来ますが、「本命のレースではないから仕上げてはいない。」そういったコメントが出てくる事はありません。
ですから、ある程度格上の競走馬なら特に、どの辺りを目標にしているのかを事前に情報収集しておく事も競馬で勝つためには重要な要素となってきます。
G1に向けてのトライアルレースでも、出走条件を満たしているのであれば、事前の力関係を見ておきたい、もしくは現在の仕上がりでどの程度走れるのかを確認しておきたいといった思惑がある事もあるはずです。
もちろん勝てるなら勝ちたいというのはあるので、実力、力関係、そしてその思惑を見込んだ上ので仕上がりを見ていく事で、予想で切る馬、残す馬という振り分けが出来る様になってきます。

注目すべきはG1レースの前哨戦

特に叩き台として使われるG1レースの前哨戦はしっかり見ていきたいところです。
荒れるレースが多いのは、そういった要因があるからといえるでしょうし、特にG1はそれ以上の舞台のないレースでもあるので、ここを叩き台にしているのか、それともここを目標にしてきている馬なのか、その見極めは比較的やりやすいレースとなります。
基本的にはオッズはその競走馬の実力で決まりますが、状態、意気込みによって結果は必ずしも実力通りにならない事もあるという事です。
必ずそうだと言える要素ではなくても、そういう見方を取り入れる事で、違った予想も生まれ、穫れる馬券に広がりも出てくると思います。

競馬新聞
G1

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道