競馬の買い方、馬券を
即パットで上手に購入する為のコツ

TOP
買い方,馬券,即パット

競馬の買い方の基本

競馬の買い方、いわゆる勝馬投票券の購入という事になりますが、最初は馬券種というものやボックス、フォーメーション流しといったものがある事で、何をどういう風に購入していいのか戸惑う事もあるでしょう。
そんな戸惑いを解消する為にここで解説をしていきたいと思います。
まず簡単にボックスとフォーメーション、流しという事について理解する方が早いと思います。
上部にもっと詳しい解説ページがありますが、まずはここで簡単に解説していきます。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

ボックス

ボックスというのは全ての組み合わせを買いたいという時に利用する馬券種と言えます。
例として馬連をボックスで購入する場合で考えます。馬連というのは着順に関係なく選んだ馬が1着、2着に入る馬券です。
馬番①③⑤⑦が気になっていた場合、①③⑤⑦のボックスを購入すると、①-③、①-⑤、①-⑦、③-⑤、③-⑦、⑤-⑧の6通りの馬券をまとめて購入した事になります。
ボックスの長所としては広く馬券をカバーできる点、細かく選択する必要がなくなり頭数が多い場合は大幅に手間を省ける点が挙げられますが、逆に言えば無駄な馬券まで買っているとも言え、細かい金額の設定が出来ない点が短所だと言えます。

フォーメーション

フォーメーションは基本的に着順まで決めます。
上記の例と同じ様に気になった馬番①③⑤⑦を1着、2着どちらにも入れてしまえばボックスと同じ買い目となり6通りの購入となりますが、1着には①か③だと予想しているのであれば、1着には①と③だけ入れて、2着には①③⑤⑦を入れれば良いわけです。
この場合、買い目は①-③、①-⑤、①-⑦、③-⑤、③-⑦の5通りに絞られる事になり、購入点数を減らす事が出来ています。
良く『軸1頭流し』と言いますが、それはフォーメーションで1頭だけを1着なり2着なり3着なりに絞って、相手の馬は全通りで購入する方法となります。
長所としては購入点数を少なく出来る事、3連単の時等には1着、2着、3着それぞれに自分が来る可能性があると予想する馬を選択出来る事、短所はボックス同様に細かい金額の設定が出来ない点です。

ボックスもフォーメーションも馬券を購入しやすいものとなっていますが、ボックスは3連単等で使うと購入点数が増える反面、やはり広くカバー出来る分馬券が的中する可能性は上がります。
フォーメーションは点数を少なく出来る分、馬券が外れるリスクも大きくなります。
どちらもメリット、デメリットがありますので状況に応じて使い分ける事が出来れば馬券上手への近道になるので、色々と自分なりに工夫してみると馬券を買う楽しさもたくさん感じられる様になるのではないでしょうか。

流し

流しは勝馬となる馬、もしくは2着、3着に入るであろう馬を決めてそこから相手を何頭か選んでいく買い方になります。
軸を指定する事で購入する点数を減らす事が出来る事で、相手の数や一点あたりの購入金額を増やす事が出来るのでボックスでは購入点数が多いと感じるのであれば流しを使う方が良いでしょう。
また、流しには逆の目となる「裏目」を購入するマルチというものがあります。
馬単で例えると、軸を一着に指定して、軸の馬が2着にきて、1着には相手の馬がきていた時が「裏目」であり、マルチにしていなければ不的中ですが、マルチで購入をしていると的中という事になります。
予想の保険とも言える買い方ですが、「裏目」は結構ありますので状況によってはマルチを使うのも的中率を上げる効果的な方法となります。

競馬新聞

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道