競馬の複勝で的中率、勝率を
共に上げる事は可能なのか?

TOP
複勝,的中率,勝率

複勝とは

複勝とはそのレースで3着以内に入る馬を選ぶ式別となります。(7頭立て以下の場合は2着まで)
最も的中率の高い馬券となっており、人気、実力のある1番人気の馬を買っておけば高確率で的中する馬券だとも言えるからです。
ただし、高確率な分配当がかなり低くなってしまいます。
人気のある馬の倍率として1倍台といった事も珍しくなく、配当が低い分大きく張らなければならないですし、有力馬を何頭も選ぶと回収もままならない状況になってしまいます。
極端に言えば100円買って150円、100万円買えば120万円になるという、種銭次第という側面があるので、初心者にとっては簡単な様で難しい式別になっているとも言えます。

複勝,的中率,勝率

複勝のメリットとデメリット

複勝馬券のメリットは何といっても的中率の高さになるでしょう。
的中率に関して言えば他の式別の追随を許さない的中率を備えている馬券と言えます。
ただし、複勝で勝つにはそれだけ確かな目も必要となるのも忘れてはいけません。
複勝は配当が低くなるので、ある程度大きく賭けた場合を除き、コンスタントに勝ち続けなければなりません。
本当に堅いレースであれば利用しやすい馬券というのがメリットとなりますが、一度崩れてしまうと立て直しが効かないというのがデメリットとなる、利用の仕方に左右されやすい式別です。

凱旋門賞,即PAT,A-PAT

複勝馬券の魅力

複勝,的中率,勝率

競馬での複勝馬券とはどういうものなのか、多くの競馬経験者が考えた事だと思います。
複勝馬券を語る時にまず出てくるのは「複勝転がし」だと思います。
複勝というのは選んだ馬が1着から3着までの間に入れば的中となり、競馬では最も高い的中率を狙える式別となっています。
それだけ的中率の高い馬券だからこそ、「複勝転がし」というものが生まれ、そして多くの方が実践もしてきました。「複勝転がし」というのは的中した払戻金をそのまま次のレースにつぎ込むという方法で、複勝だからこそ可能性を感じる手法だと言えます。
しかし、ずっと的中させ続けるという事が意外と難しいもので、複勝はオッズが高くはなり辛い為に点数は当然絞り込む必要性があり、外れれば終わりという勝ち続けなければ成立しない勝負となってしまうわけです。
そして多くの方が苦渋を舐める事になっているのが「複勝転がし」です。
では普通に複勝をやるだけではダメなの?と思うかも知れませんが、普通に複勝をやるのが正解なのだと思います。 ここで言う普通というのは、最も期待の持てる馬を選ぶ事であり、その馬を複勝馬券で保険として当てていくという方法です。
最も期待の持てる馬というのは単勝馬券を買う場合に狙う馬ですが、単勝馬券と複勝馬券を併せて買う事で複勝馬券のオッズの低さを単勝馬券でカバーし、もし単勝で1着に来なくても2着か3着に来ていれば多少は単勝の負けをカバーする事が出来ます。
当然どちらも外れる事もありますが、どちらも的中した場合、もちろん掛け金にもよるますが、結果的に結構な払戻金として返ってくる事も多々あります。
サイトのページの画像はその良い例となっています。
もちろん単勝ではなく他の式別と併せて使っても効果はあると思います。
この買い方の場合、一番の問題は点数が少ない分、購入金額は多く投資する事になる事ではありますが、競馬を長くなっている方にはこういった買い方をしている方も割りと多いです。
複勝は的中率が高い事で初心者向けだという反面、利益が出にくい分、勝つのが難しい部分もあるのが現実なのではないかと思います。
【的中率=勝率】ではないのが競馬であり、勝率を上げるという事は負ける確率を減らす事でもあると思いますし、その為に複勝を効果的に使う事が出来れば、大きく勝率を上げる事が出来るのではないかと考えます。
あくまでも個人的な意見ではありますが、実際にハマれば大きな利益を出せる事は実践でわかっていますので、後は最も期待の持てる馬を選ぶ事が出来る様になる事、馬を見る目を磨く事が出来れば、複勝というものは実益を生み出せる式別なのではないでしょうか。


競馬新聞

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

馬券種・式別一覧


競馬予想の上達への道